指導方針

 音楽とは私にとって生きる喜びであり、うれしい時も悲しい時も音楽が常に心の支えとなっております。生徒さんには、ピアノや歌を通して、音楽の奥にある深い感動を伝えていきたいと考えます。
 そのために「自分で楽譜が読め、自ら練習できる」ようにレッスンし、習う側の立場にたったわかりやすい教材を用いて指導していきます。長い人生の中で、いつでも好きな曲が弾けて歌えるように、心豊かに成長して欲しいと願っています。